最近のトラックバック

パソコン・インターネット

BuffaloのUSBハードディスクが故障した

Photo

NASの定期バックアップがエラーになっていることに気づき、調べてみるとNASにUSB接続しているバックアップ先のBuffalo製ハードディスク(HD-ES500U2)が認識しなくなっていました。

続きを読む "BuffaloのUSBハードディスクが故障した" »

Input Director 1.2.2 リリース

Input Director 1.2.2がリリースされてます。
http://www.inputdirector.com/downloads.html
またjapanization projectさんところの日本語化パッチも。。。
http://applications.web.fc2.com/j10n/inputdirector.html

軽くなった! avast! antivirus 5.0

Avast5

フリーのアンチウィルスソフトavast!の新しいバージョン5.0を、試しにインストールしてみました。

続きを読む "軽くなった! avast! antivirus 5.0" »

Win7 WMCで録画したデジタル放送を、OS再インストール後に見る方法(備忘録)

Windows 7は、対応のデジタル放送チューナがあれば、WMCを使って簡単に録画できるんだが、生成される録画ファイルは暗号化(PlayReady)された状態で保存されている。
これがくせ者で、OSを再インストールすると暗号キーが変わるため、以前の録画ファイルは、再生できなくなる。

試してはないが、OS再インストール前に、下記ファイルをバックアップしておき、再インストール後に書き戻せば、以前の録画ファイルが再生できるらしい。。。

\ProgramData\Microsoft\PlayReady\mspr.hds

セーフモードじゃないと、書き戻せないかも。

キーボードRealforceの掃除

Rf_after_2_2

5年ほど前、勢いで買ったキーボードのRealforceですが、このところキートップの汚れが目立ってきてたので、掃除してみました。

どれくらい変わるかは続きで。

続きを読む "キーボードRealforceの掃除" »

MyDefragのGUIフロントエンド“MyDefragGUI”を日本語化する

前の記事でも少し触れましたが、MyDefragGUIに付属する日本語ランゲージファイルは、訳がひどくて使えません。

しょうがないので自分で作り始めましたが、、、やはりメンドーなので、同じ思いの誰かが作ってるだろうと探し回っていたところ、なんとMyDefragGUIのダウンロードページで、ランゲージファイル集が配布されてました。

そのランゲージファイルを使った、日本語化方法は、以下の通り・・・。

  1. Downloads”の下の方に、“MyDefragGUI language files”という項目があります。これをダウンロードします。
  2. 適当なフォルダに解凍します。
  3. 解凍したlanguages フォルダの japanese.lng を、MyDefragGUIのインストール先の languages フォルダ(普通は、C:\Program Files\MyDefragGUI\languages かな)にコピーします。
  4. MyDefragGUIを起動し、メニューから[Options]→[Select language]を選択します(UIが英語のとき)。
  5. ダイアログで“japanese”を選択し、[OK]ボタンをクリックします。これで(ちゃんとした)日本語になります。

ところで、このランゲージファイルを開いてみると、ヘッダに対応するMyDefragGUIのバージョンが書かれてます。
追加で入れたファイルは2.1とありますのでキチンと適合してます。付属していたファイルはバージョン1.16、番号もズレてるし・・・、おかしくて当たり前ですね。

MyDefragのGUIフロントエンド“MyDefragGUI”

Ws000007

JkDefragの新しいバージョンのMyDefrag、とても高性能&高機能なデフラグツールですが、細かな設定はコマンドラインか、スクリプトを使う必要があり、デフォルト動作以外のことをやろうとすると、若干敷居が高い(メンドーな)ツールです。

手軽に使うため、以前のJkDefragではGUIフロントエンドのJkDefragGUIを使ってましたが、後継のMyDefrag PowerGUIが未だリリースされていません。

しょうがないので少し探してみると、MyDefrag GUI WRAPPERMyDefragGUIというものがあるようです。

まずMyDefrag GUI WRAPPERですが、JkDefragGUIと比べると、イマイチ機能不足で画面もプアな印象です。
もう一方のMyDefragGUI、これも機能は多くないのですが、画面はきれいにまとまってます。
とりあえず当面(本命のMyDefrag PowerGUIがリリースされるまで)はこちらで我慢することにします。

一応、MyDefragGUIのインストール手順は続きで・・・。

続きを読む "MyDefragのGUIフロントエンド“MyDefragGUI”" »

Input Directorを日本語化する

japanization projectさんのところで、Input Director 1.2.1の日本語化プログラムが公開されてます。

参考まで、日本語化の手順を書いておきます。

  1. ここからダウンロードしたアーカイブを適当なフォルダに解凍する。
  2. アイコンボックス内のInput Directorのアイコンを右クリックし、”Shutdown Input Director”をクリックする。Input Directorが終了する。(不要かも。私の環境では終了しなくても置き換えてくれた)
  3. 解凍先のinputdirector121_ja.exeをInput Directorのインストール先フォルダ(通常ならC:\Program Files\Input Director)にコピーする。
  4. コピーしたinputdirector121_ja.exeを実行する。
  5. スタートメニューの[Input Director]→[Input Director]をクリックし、Input Directorを再起動する。(日本語化終了)

やっぱり日本語で使えるのは良いですね。

Input Director 1.2.1 リリース

1ヶ月も前ですが(^^;)、Input Directorの1.2.1がリリースされてますね。

個人的にうれしいのは、ダブルタップでの画面移動と、Win7への対応かな。
それ以外は自分の使い方だとあまり変わってない印象です。

VistaとOfficeがタダでもらえる!?

Windows 7 のBetaプログラムに参加してると送られてくるメールをナナメに読んでると、

”Windows Vista または Office Ultimate 2007 の無償バージョンを提供いたします。”

との記述が!

Windows フィードバック プログラムに登録して、3ヶ月間の使用状況を自動送信し、かつアンケートに答えるだけだそうです。

登録は、メールタイトルに"Windows 7 の Windows フィードバック プログラム参加希望" と書いて、宛先 winpanel@microsoft.com に送るだけのようです。メール本文が必要かは不明。

先着500名だそうです。

自動送信される内容が気になりますが、、、なにぶん高価なソフトを無償提供されるのでしょうがないのかな。

その他のカテゴリー

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ